遺品整理トップ画像

遺品整理とは

遺品整理とは、通常のお片付けとは違い、故人が生前にご使用されていた品々をご遺品として、故人の想いやご遺族様のお気持ちを汲み取りながら丁寧に整理し、お部屋を綺麗に清掃する事を言います。

本来、身内の方が亡くなると、故人の遺品整理は家族が行うものでしたが、時間と労力が必要であり、またゴミの分別の厳格化もあり、家族だけで行うのは精神的負担が大きいものです。

コンスピの遺品整理は、ご遺品の選別・仕分けのお手伝い、大型家具の運び出し、お部屋のお片付け・清掃、除菌まで、まごころをこめて責任を持って対応致します。

コンスピの遺品整理は
こんなお悩みをお持ちの方に最適なサービスです!!

  • 早急に対応しないといけないが、片づける時間や人手が足りない。
  • 多忙な為、選別や整理が思う様に進まない。
  • 遺品整理に関わる費用をなるべく安く抑えたい 。
  • ゴミの分別等、処分に困っているものがある。
  • 部屋の汚れや臭いもキレイに掃除してほしい。
  • 遺品整理した後の空き家をどうしたらいいかわからない。
  • 空き家の相続を、どのように行ったらいいかわからない。
遺品整理をして、綺麗になった空き家!
空き家をそのままにしていると、空き家対策特別措置法が適応される可能性があります!!

空き家対策特別措置法の概要

少子高齢化に伴い、今後さらに空き家の増加が予想される昨今において、空き家の放置を抑制するための施策です。
行政が空き家の調査・現況を把握した上で、特に対策が必要な「特定空家」(*下記参照)を選定します。
特定空家にみなされると、行政の指導により、解体の通告や強制対処、さらには今までの更地の1/6だった固定資産税の優遇措置からの除外などが適応されます。

「特定空家」の判断の参考条件

空き家対策特別措置法では、次のどれかに該当する空き家を「特定空家」 と定義しています。

  • 倒壊など危険となるおそれのある状態
  • 衛生上有害となるおそれのある状態
  • 景観を損なっている状態
  • 生活環境の保全上不適切な状態
「特定空家」の判断・撤去の流れ
市町村に立ち入り調査権を付与
撤去や修繕など助言または指導・勧告・命令
固定資産税の住宅用地特例から除外
命令に従わなければ50万円以下の過料、強制撤去
行政指導される前に行動を!!
下矢印
コンスピが力になれる3つのチカラ
人に貸す
売却する
管理する

遺品整理から空き家対策の流れ

通常であれば・・・
下矢印
コンスピならすべて一括お引き受け!
すべてお任せください!!
一括請負いの
メリット1
「それぞれの業者を探す」「連絡を取り合う」などの面倒な手間が省けます。
メリット2
個別に頼むよりも料金が安くなります。(金額交渉もご相談ください。)
メリット3
県知事許可を得て営業している不動産会社なので、安心して任せていただけます。
【奈良県知事(1)第4208号】

サービス内容

遺品整理
遺品整理

ご遺品の選別・仕分けのお手伝い、大型家具の運び出し、お部屋のお片付け・清掃、除菌まで、まごころをこめて作業いたします。

特殊清掃
特殊清掃

孤独死、自殺、事件現場など、何らかの形でご遺体が残ったお部屋に対して、最も効果的な方法で正常な状態へと現状回復し、迅速且つ確実に、清掃・除菌・消毒致します。

遺品買取
遺品買取

価値あるご遺品を高価買取し、その代金を遺品整理の費用に充てることで、費用を控えることができます。

空き家対策
空き家対策

空き家を「人に貸す」「売却する」「管理する」の3つの方法から、お客様にとって最善の方法を一緒にお考えします。

遺品整理
遺産相続手続き

不動産相続登記等のややこしい手続きのお手伝いもいたします。